オプション

記述方法

ブラウザ

ブラウザではtypeにtext/x-shiki-configを指定したscriptタグ内にJSON形式で記述します。

<script type="x-shiki-config">
{
    "url": "https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/mathjax/2.7.1/MathJax.js?config=TeX-MML-AM_CHTML",
}
</script>

コマンドライン

コマンドラインでは–optionname=valueの形で記述します。

$ shikiml --iteration=20000

種類

以下のオプションが使用可能です。

使用可能なオプション
名称 内容 デフォルト 備考
image-dir 画像を出力するフォルダを指定する img tex2imgのみ
data-uri data URIを使用する なし tex2imgのみ
url MathJaxのURLを指定する 必須(ブラウザ) ブラウザのみ
greekBytes ギリシャ文字の文字幅を指定する 2  
mathBytes 数学記号の文字幅を指定する 2  
iteration 無限ループとみなす計算回数を指定する 100000  
className div,preタグのクラス名を指定する shiki  
scriptType scriptタグのtype名を指定する text/x-shiki  
useAtAsRoundD @(アットマーク)を偏微分記号とするか true  
useQuantumBracket 量子力学のブラケット記法を使用するか true  
useVerticalBarAsDifference 関数の差を表現するのに縦線を使用するか true  
useUnicodeSigmaAsSum UnicodeのΣを総和記号として使用するか true  
useUnicodePiAsProduct UnicodeのΠを総乗記号として使用するか false  
usePlanckConstant バーの付いたhをプランク定数として使用するか true